会社概要

 

学校の特徴

TCJ(株式会社東京中央日本語学院)は、東京(信濃町)と大阪(梅田)に校舎を構える、1988年に設立された日本語教育専門機関です。

日本語教育一筋に拘り続け、他校様にはないコミュニケーション・ソーシャル授業の開発、在日外国人向けの日本語レッスンを始め、eラーニング420時間コースハイブリッド型授業といった、業界のスタンダードとなりつつある授業形態の礎を築いて来ました。

ただし、授業の質はさることながら、TCJ日本語学校に在籍する留学生及び外国人学習者数は年間約1,000名TCJ日本語教師養成講座の受講者数は年間約300名と、規模に関しても国内トップクラスで在り続けています。

また、日本語教師養成講座を併設している日本語学校は全体の5%程ですが、TCJは1989年に日本語教師養成講座を開設して以来、この2本柱で運営を続けています。

日本語学校で実証された教授法を日本語教師養成講座に取り入れることで、タイムラグなく最新・最善の「日本語の教え方」を受講生の皆様に届けることができるのです。

TCJ日本語教師・養成講座講師

TCJオリジナルのコンピテンシー(教師評価モデル)による教師スキルの品質維持・改善により、TCJに在籍する100名以上の日本語教師・養成講座講師はプロフェッショナルと呼ぶに相応しい講師陣です。

また、留学生や養成講座受講生に教師及び授業内容についてのアンケートを定期的に行っており、現状に満足せず、常に授業・運営の品質の改善に努めています。

グループ会社

TCJの母体はパスメイクHD株式会社です。U.S.CPA(米国公認会計士)等の国際資格の取得講座を運営する株式会社アビタスや、語学コーチングスクール「PRESENCE」等を運営する株式会社ジャパンビジネスラボがグループ企業として参画しています。

「学びと学びの活用を通じて人生を変える」という理念を共有する3社間では、最新の教育理論や教育設備、学習プラットフォーム等のクロスオーバーも積極的に行っており、互いを高め合うパートナーでもあります。

沿革

1988年東京都新宿区新大久保に東京中央日本語学院創立
1989年日本語教師養成講座開講
1990年米国ハワイ大学マノア校などの日本語教育機関と提携
1993年豪州グリフィス大学にて研修開始
1998年渋谷区千駄ヶ谷に校舎移転
2011年日本語学校震災復興ボランティアに参加
2012年新宿区西新宿に校舎移転
2017年信濃町に校舎移転
2018年日本語教師養成講座 eラーニング420時間コース開講
2019年日本語教師養成講座 新宿校舎開校
日本語教師養成講座 大阪校舎開校
2021年日本語学校と日本語教師養成講座(東京校)を信濃町校舎に統合

会社概要

【名称】
株式会社東京中央日本語学院

【代表者】
代表取締役 三輪豊明

【住所】
東京校
〒160-0016 東京都新宿区信濃町34 トーシン信濃町駅前ビル4・5・6F

大阪校
〒530-0017 大阪府大阪市北区角田町8-1 梅田阪急ビルオフィスタワー21F

【お問い合わせ先】
Tel:03-3354-5005
Fax:03-6869-4771
お問合せフォーム

TCJ日本語教師養成講座は公認日本語教師を見据えた文化庁認可コースです

420時間カリキュラムNEWスタンダード

eラーニング420コース

日本語教師養成講座 eラーニング420コース通信×通学のハイブリッド授業
文化庁認可のeラーニング420コースは、「理論eラーニングの効率性」と「徹底した実技指導」が織り成す420時間カリキュラムの新たな王道コースです。

詳細を見る

開講32年の日本語教育校で即戦力を養成

420時間コース

日本語教師養成講座 420時間コース教育訓練給付金指定講座
日本語教師に必要な理論(知識)と効果的な指導方法を学ぶ実技、教壇に立つための総仕上げとなる教育実習を経て、「即戦力の教師」として活躍できます。

詳細を見る

目指すは日本語教育能力検定1発合格

検定対策ゼミ

専門講師陣による徹底対策
インプット(解説):アウトプット(演習)= 1:3の形式で、試験によく出る項目を重点的にカバーし、本番で必要になる「解く力」を徹底的に養います。

詳細を見る

世界で活躍できる「日本語教師」を養成

TCJの特徴

世界ですぐに活躍できる「日本語教師」を育成就職率90%以上
高い就職率の理由は 3つの強みに加え、TCJ独自の 5つのサポートにあります。

 

詳細を見る

現役プロ講師の講演会

個別カウンセリング

プロ講師陣の講演会 (無料) 個別カウンセリング (無料)