Wライセンスパック (420時間コース+検定対策ゼミ)

開講校舎:東京 / 大阪
※大阪は1年コース及びeラーニングコースのみ開講

420時間コース修了 + 検定試験合格で、最強の日本語教師を目指す。TCJなら、受講中の試験合格も可能。

ダブルライセンス

ダブルライセンスとは、420時間コースの修了日本語教育能力検定試験の合格の2つを指します。ダブルライセンスを保有することで、日本語教師の就職活動で非常に有利になり、またキャリア形成でも大きな差が生まれます。

どうしてダブルライセンス?

イカロス出版「日本語を教えよう!2015」より抜粋このグラフは、日本語学校が「日本語教師の応募資格」として挙げている条件をまとめたものです。

最も多い条件は「養成講座での学習歴」で、ほぼ同数で「日本語教育能力検定試験の合格」が並んでいます。

つまり、教師経験よりも「420時間コースの修了」+「検定試験合格」が、就職においてより重要視されているということです。

採用側は、検定試験に合格していれば日本語教授法に関する基本的な知識が備わっており、さらに養成講座を修了していれば一定以上の実践力が備わっていると判断する傾向にあります。

将来的なキャリアアップに役立つ!

日本語教師は非常勤講師からスタートし、経験を積んで専任講師を目指すコースが一般的ですが、専任講師になる際に「ダブルライセンス」を求められることも少なくありません。つまり、日本語教師キャリアを考える上でも、「ダブルライセンス」は非常に重要と言えるのです。

420時間コース

合理的かつ効果的な最前線の授業で知識+スキルを習得

日本語教師資格を取得するための王道カリキュラムです。「日本語教育の勉強は初めてなので、知識もスキルもバランス良く確実に学びたい」という方にオススメです!

eラーニングコース 詳細

通学コース 詳細

検定対策ゼミ

演習形式の直前対策で1発合格を手繰り寄せる

受講生の合格率は全国平均の約2倍!ポイントは演習中心の直前対策にあります。基礎から応用まで様々な演習を繰り返し、試験本番で必要な「解く力」を養います。

検定対策ゼミ 詳細

受講料

420時間コースと検定対策ゼミを同時に申し込まれる場合

コース名授業料給付金利用
Wライセンスパック(eラーニング)605,000円(税込)   585,000円(税込)約 485,000円(税込)
Wライセンスパック(通学)673,000円(税込)   640,000円(税込)約 540,000円(税込)

※授業料には、教材費も含まれています。入学金33,000円が別途必要になります。

TCJの420時間コースは教育訓練給付制度の対象講座であるため、修了後に最大10万円が支給されます。
教育訓練給付制度について

様々な特典も活用できるため、さらに1万円~5万円ほど受講料を抑えることも可能です!
各種割引特典について

お申し込み方法やご質問等ありましたらお気軽にお問合せ下さい。

現役プロ講師の講演会

個別カウンセリング

プロ講師陣の講演会 (無料) 個別カウンセリング (無料)