開講校舎:東京 / 大阪

完全パック

(420時間コース+国家試験合格パック)

完全パックとは、420時間コース講座と日本語教員試験(国家試験)対策講座の2つを指します。 日本語教師になるには、次の3つのうち1つを満たす必要があります。
①420時間修了②日本語教員試験(国家試験)③大学/大学院にて日本語教育関連を主専攻/副専です。
日本語教師の資格が国家資格化になることにより、当校では、①420時間コース修了と②国家試験合格を目指す完全パックをおすすめしています。
420時間コースを受講することにより、授業を行う実践力が身につき、国家試験の基礎試験免除を受けられます。国家試験の応用試験に合格することにより、実践力のある 就職に強い日本語教師を育成しています。

文化庁届出受理番号:H29042113011、H30060113025
*420時間コース終了の場合は、国家試験の基礎試験免除となります。

完全パック

420時間コース修了+国家試験(応用試験)合格で就職に
圧倒的に強い日本語教師を目指す

*420時間コース終了の場合は、国家試験の基礎試験免除となります。

完全パックのメリット

どうして完全パックなのか?

このグラフは、「日本語学校が採用で重視するポイント」としてあげられているものです。

多くの日本語教育機関で採用時に重視されているのは「養成講座での学習歴」です。他コミュニケーション能力につづいて、「日本語教育能力検定試験合格」が並んでいます。グラフから、就職において「420時間コースの修了」と「試験合格」の2つが評価されていることがわかります。

420時間コースを修了していることで、「一定以上の実践的な教授スキルが備わっている」と判断され、検定試験に合格をしていると「日本語教育に関する基本的な理論知識が備わっている」と判断されると考えられます。

非常勤講師として働く場合でも420時間コース修了と試験合格は高く評価され、所属機関によっては、待遇に反映されるところもあります。また、日本語教師として専任教師を目指す場合にも「ダブルライセンス」を求められることも少なくありません。今後の日本語教師キャリアを考える上でも、「ダブルライセンス」は非常に重要と言えます。

検定合格率80%以上
就職率90%以上

420時間コース
(eラーニングor通学)

バランスの取れたカリキュラムで
理論知識+実技スキルを習得

文化庁に届出受理されている日本語教師資格を取得するためのカリキュラム。未経験から日本語教師にチャレンジする方におススメです。

国家試験合格パック

演習形式の直前対策で1発合格を手繰り寄せる

23年度検定対策ゼミ受講生の合格率は全国平均の約3倍の81.6%。ポイントは演習中心の直前対策にあります。基礎から応用まで様々な演習を繰り返し、試験本番で必要な「解く力」を養います。

受講料

コース名 授業料(税込)
完全パック
(420時間eラーニング×
国家試験合格パックeラーニング)
726,000 円
完全パック
(420時間通学×
国家試験合格パックeラーニング)
726,000 円
※授業料には入学金(33,000円)・教材費(33,000円)が含まれています。
※完全パックをお申込の方は、ITスキルアップ講座(税込55,000円)を無料で受講可能です。

TCJの420時間コースは
教育訓練給付制度の対象講座です。
修了後に最大10万円が支給されます。

人気講師や日本語教育のエキスパートがお届けするTCJ限定のイベントです。日本語教師に興味がある方はどなたでもご参加いただけます。

授業見学&カウンセリングでTCJクオリティーをご体験ください。オンライン対応も可能です。

デジタルパンフレットを無料で閲覧いただけます。