教育訓練給付制度

日本語教師養成講座 420時間コースは教育訓練給付制度の指定講座です!

教育訓練給付制度とは

教育訓練給付制度とは、働く方の能力開発の取組みを支援し、雇用の安定と再就職の促進を図ることを目的とするものです。厚生労働大臣の指定する教育訓練を受講し修了した場合、支払った受講料などの一部(上限あり)が支給されます。

教育訓練給付制度とは

social-arrow

sosial2

支給の対象となる方

(1)雇用保険の一般被保険者

教育訓練給付制度を初めて利用する場合は、受講開始日において雇用保険の一般被保険者であった期間が1年以上の方が対象になります。(目安:入社2年目)

以前に給付制度をご利用された場合は、前回の受講開始日から、雇用保険の一般被保険者としての期間が3年以上経過していれば再度受給が可能です。

(2)雇用保険の一般被保険者であった方

受講開始日において、離職日の翌日(一般被保険者資格を喪失した日)以降、から受講開始日までが1年以内であり、上記(1)を満たしている方。

ご自身の雇用保険の加入期間がよくわからないなど、受給資格の有無が不明な方は、住所地管轄のハローワークで受給資格の有無を必ずお確かめください。

修了の要件

(1) 全科目の80%以上を履修すること。

(2) 実技試験の評価、課題提出、理論科目授業毎の筆記試験の点数を総合して、担任教師が成績を評価し、成績がCレベル以上のものに修了の認定をする。ただし、100点を満点とし、A(90点以上)、B(75点以上)、C(60点以上)、D(60点未満)とする。

給付金受給までの手順

Step1 受講申込み

Step2 修了の要件を満たす

Step3 当校より証明書を発行
同時に申請に必要な「教育訓練給付金支給申請書」「受講料領収書」を当校より受講生の皆様にお渡しします。

Step4 ハローワークにて支給申請
受講修了日の翌日より1ヶ月以内に「教育訓練給付金支給申請書」「教育訓練修了証明書」「受講料領収書」「本人住所確認書類」「雇用保険被保険者証」を住所地のハローワークに提出し、支給申請を行う。

無料資料請求  個別カウンセリング