日本語教師 インターン体験記 伊藤モニカさん

インターン体験記

伊藤モニカさん

行先はどのようにして決めましたか?

TCJで行われたインターンシップ説明会の時に、フィリピンへのインターンがあれば行きたいということを、お話していました。フィリピンは、大学卒業後に1年間留学しており、日本語教師に興味をもったきっかけでもある国だったのでもう一度戻って働いてみたいという思いがありました。

養成講座が修了する3月頃に、今回インターンをすることになったUnmei Nihongo Centerを紹介していただきました。正直、いざ行くとなると費用の面や、語学力など色々な不安がありましたが、せっかくいただいたチャンスだったので、思い切って行くことにしました。

日本での準備期間は1ヶ月ほどありましたが、質問やリクエストなど言いにくいこともTCJのスタッフが学校との間に入り話してくださり、色々とコーディネートしてくださったので、とても助かりました。

担当している授業について教えてください。

伊藤さん4はじめの2ヶ月は現地の英語学校で勉強していたため午前中のみで、初級~中級を対象に1対1の会話レッスンを週3日担当しました。英語学校を修了後は、フルタイムになり、N3の試験対策授業を2クラス、N2の試験対策授業を1クラス担当しています。生徒は1クラス4人程度の小さなクラスです。授業では、文法、漢字、語彙、読解を教えています。授業準備では、テストやプリントを作成したり、教案を作ったりしています。

他にも、日本の会社や学校からたずねてくる日本人の対応をしたり、簡単な翻訳業務などもあります。日本語学校ということで、日本語関係の色々な仕事が入ってきます。この間はフィリピンのテレビ局からの依頼で、日本人をインタービューした番組の翻訳をフィリピン人の先生と一緒にする機会もありました。

現場に立ってみて、TCJで学んだことはどう活きていますか?

授業中の立ち位置、板書の仕方、声の大きさ、学生を当てるときなど様々な場面でTCJで学んだことが役に立っています。私は人前にでるのが苦手ですぐ緊張していましたが、養成講座の実技の授業や教育実習などで、実際に何度も人前に立ち話す練習をしてきたので、実際に教壇に立ったとき、とてもリラックスして授業をすることができました。

インターンの中で日々感じていることを教えてください。

伊藤さん6以前からフィリピンの人々や文化のことを良く知っていましたが、一緒に働くという経験ははじめてでした。はじめは、自分が何を教えるのか、生徒は誰なのかを直前まで知らされなかったり、教科書が決まっていなかったりと、行き当たりばったりのスタイルにかなり戸惑いました。でも、フィリピン人の先生方がいつも相談に乗り、サポートしてくれたおかげでフィリピンスタイルを理解し適応することができました。

今でも、生徒がみんな遅刻したり、授業中にメリエンダタイム(おやつの時間)が急に入り、スケジュールどおりに授業が進まなかったりといった毎日ですが、この南国ならではの、のんびり楽しく勉強するスタイルがとても好きです。この学校には日本人が私しかいないので、みんな日本人と話せることをとても喜んでくれています。日本語教師としてはまだ至らないところばかりですが、授業中もいつも笑い声や歌声が聞こえてくる環境をとても楽しんでします。

授業以外での、そちらでの生活の様子などを教えてください。

学校のオーナー夫婦にはとても良くしていただいています。学校に行くときも私が道を覚えるまで送迎をしてくださり、学校の近くに部屋を探したり、借りる時の値段交渉もしてくださいました。私が体調を壊した時は、学校のオーナーが夜中の12時に薬を届けにきてくださり、仕事面でも生活面でもサポートしていただいています。

今は学校近くのマンション一人暮らしをしています。フィリピンは暑い国ですが、物価も安く、遊ぶところもたくさんあるので、放課後や土日は、学校の先生や学生たちと、映画、カラオケ、海など色々なところへ遊びにいっています。フィリピンの食事も日本人好みでおいしいです。やはりたまにおなかを壊したりしてしまいますが、それも生活の一部です(笑)

これからインターンに行かれる方にメッセージをお願いします。

伊藤さん7私は養成講座修了直後にインターンへ行き本当に自分が先生としてやっていけるのか、不安だらけでしたが、教壇に立ち実際に日本語を教え始めると、生徒と過ごす時間はとても楽しく、来てしまえばなんとかなる、やるしかない、という気持ちになりました。海外で日本語を学ぶ学生は日本にも日本人にも興味津々で毎日色々な質問や面白い話ををしてくれます。授業準備など大変なこともありますが、外国人の先生方と協力しながら働くこともとてもいい経験になっています。

海外でのインターンは生活面や言葉の問題など、不安なこともあるかもしれませんが、短い期間でも、チャレンジしてみてください。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

他にも多くのインターン生がいらっしゃいます

無料資料請求  個別カウンセリング