日本語教師 インターン体験記 小川桃子さん

インターンを決めるまでの流れを教えてください。

日本語教師インターン 小川桃子さん

昨年のひかりアカデミーのインターン説明会でインターン制度を知ったのがきっかけでした。

その後、TCJの友人佐々木さんがひかりアカデミーに教師として就職をしたので、佐々木さんのいるひかりアカデミーでの研修を望み、希望を叶えていただきました。

現地で行った内容を具体的に教えてください。

二週間の研修で、一週目は日本人教師クラス、ベトナム人教師クラス、企業クラスの授業見学をさせて頂きました。その授業では、各クラスのレベル内で学生と話をする、と言う形で授業参加をしました。
二週目には日本人教師の方の2つのクラスでアシスタント参加と、授業の半分の時間(1時間)授業をさせて頂きました。レベルは第2課「これ、それ、あれ」でした。まだ日本語学習を始めたばかりのクラスでの授業の組み立ては難しく大変勉強になりました。

あと、個人的に、日本の歌を知ってほしくて、どのクラスでも歌を唄いました。森山直太郎さんの「さくら」を歌詞を配り、音読し唄いました。

インターンはどうでしたか? 感じたことをお願いします。

観光ではなく、生活をしながら先方の学校のサポートを頂きながら無理のない所で授業を体験出来るというのは、予想以上に素晴らしい体験でした。私の場合、佐々木さんがいて下さった事と、ベトナムという国が合っていた事も非常に大きな事ではあります。

二週間はアッという間に過ぎてしまいました、今後このような機会があれば、一か月は滞在したいと思いました。その位の期間でないと体験する事が浅くなると言うか、もう少し滞在して自分の変化を見てみたかったです。

インターンの中で一番印象に残ったことは何ですか?

質問の意図と少し違うかもしれませんが、印象に残った事はベトナムの熱気と活気です。

その一つが子供の多さと、妊婦さんの多さ。街にはマタニティー服専門店があるほど妊婦さんが沢山いました。

どこに行っても子供と妊婦さんだらけのベトナムに比べ、帰国してから改めて見た、日本の老人の多さに驚き、少子高齢化と言うのは本当なんだ!と痛感しました。私の感じたベトナムの熱気と活気は、若い人口が増え続けている国の発展の証なのだと思いました。

現場に立ってみて、TCJで学んだことで役に立ったことは何ですか?

物凄く、すべてが役に立ちました!

TCJの生徒の私は、もちろんTCJのやり方しか知らないのですが、他の日本人教師の方々の教授法も勉強になったのと同時に、TCJの先生方のクラスの運び方などが如何にレベルが高く、整理されわかり易いか!ということがよくわかりました!

TCJで学んだスキルは宝です。TCJの先生方は素晴らしいです!ほんとに。

日本語教師インターン 小川桃子さん

現地の学校からサポートなどはありましたか?

沢山のサポートをしていただきました!

お忙しい中私のレベルに合わせ授業スケジュールをくんで頂き、ポイントを押さえた授業を見学参加させて頂き、また、本来予定にはなかった授業にまで私のわがままで参加させていただいたりと、本当に何から何までお世話になりました。

これからインターンに行かれる方にメッセージをお願いいたします。

機会があれば、是非、皆さん行かれることをお勧めします。
想像では体験できない体験が出来ること、その国の人がなぜ、日本語を学ぶのか?何の為に教えるのか?何が必要な事なのか?考えたりできます。

また、研修と言う、色んな方に支えて頂き、多少の失敗の許される中での自分の可能性を探れる体験は出来るものならしたほうが良いと思いました。そして、一週間や二週間ではなく長ければ長いほどその体験は深くなるとも思いました。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

他にも多くのインターン生がいらっしゃいます

無料資料請求  個別カウンセリング