中国の大学生が発表する「日本概況」

10月7日、浙江省を台風が襲いました。かなり大型の台風で、紹興はそれほどでもありませんが、洪水、河川の氾濫など甚大な被害を受けた街も多かったようです。この大学のキャンパス内でも、街でも、大きな水たまりができて、歩くのが困難で、食堂など半ば閉店状態の店も見受けられました。


国慶節明けで、授業再開。でも学校側から、作文のクラスで、新たに課題作文を提出させるよう追加注文が出たり、会議の招集がかかったりして、多忙な日々が続いています。

作文の授業の様子

一週間の休みの間に家に帰った学生も多く、女の子は髪型が変わったり、服装が秋モードに移行していたりして、少し印象が変わりました。国慶節の期間中に結婚式を挙げるカップルも多いらしく、学生たちのうち何人か結婚式に参加してきて、お菓子など祝いの品をお土産として持ってきてくれたりしました。

妻は、3年生の「日本概況」という授業を担当しているのですが、その授業で、学生たちに日本をテーマにした発表をさせています。打ち合わせのため、毎日のように、学内のカフェに出かけています。私の会話クラスの学生たちも多いので、一緒につき合って、学生たちと雑談に花を咲かせています。

「日本概況」の授業では学生たちの発表主体で行っています。ある程度こちらで用意したテーマもありますが、基本的に自分の好きなテーマを選んでもらったそうです。日本語学科の学生が日本のどんなことに魅力を感じているかがわかり、実に面白いです。

たとえば、既に発表の終わった学生が選んだテーマは(順不同)、「居酒屋文化」「年賀状」「夏祭りと花火大会」「執事カフェ」「神社」「お寺」「茶道」「和菓子」「七五三、ひな祭り」「漫画」「相撲」「光岡自動車」「水俣病」「昔話」「制服」「忍者」「卒業式」「歌舞伎」「織田信長」「お好み焼き」「小野二郎の寿司」「お葬式」「自動販売機」「源氏物語」でした。

発表の順番はくじで決めたため、毎回テーマはあっちこっち飛びますが、何とか一つにまとめます。自分が見た事もないようなビデオや写真を探し出してくる学生たちには正直、脱帽。感動的な卒業式、名勝負の相撲の試合、料理やお店の紹介など、目が潤んだり、笑い転げたり、ため息が出たり。歴史などの説明に使う昔の絵なども、優れたものをもってくるので、よく調べたなといつも感心しきり。本当にすごいです。

発表前に日本語のレジュメを提出させ、発表の打ち合わせを一人一人と学内カフェで行うので、事前の準備に時間と多少のお金はかかりますが、自分自身にとっても、いい勉強です。学生たちにとっては、PPT の使い方、人前での発表、時間内で終わらすことなど、練習となる要素満載ですので、一挙両得、一石数鳥。

外国人教師向けの中国語レッスンも始まりました。先学期は初級を受講したのですが、今学期は中級にしました。欧米人たちが主で10人くらい参加しているのですが、先生の話すスピードがあまりに早くて、ちんぷんかんぷん。早くも脱落しそうです。それにしても、欧米人たちは、漢字もわからないのに、よく発話ができるなあ、と感心しきりです。

週一回、担当している「日本語コーナー」では、ネタ探しが大変。毎回、何人、学生が参加するのか不明なのですが、その度に頭を悩ませています。先々週は、絵カードを使っての擬音語・擬態語を紹介して結構うけましたが、先週やった、川柳・俳句作りは人数が多過ぎて(50人以上!)、やや散漫になってしまいました。それに、まだ日本語学習歴2年少しの学生には、少しハードルが高過ぎたかもしれません。妻は相変わらず、日本の歌オンリー。こちらも人気で80人以上くるので、「紅葉」「虫のこえ」という童謡もやりながら、「大きな古時計」「いつも何度でも」「ダイアモンド」など難易度の高い曲も混ぜて、ギターのうまい若い先生と声を出して、がんばっています。

この大学は規則が厳しく、学生たちの自主性が育ちにくい、とある日本人教師が言っていましたが、学生たちは、確かに日本だったら高校生なみの雰囲気の日常を送っています。早朝自習があり、夜間自習が義務ずけられていて(但し2年生まで)、試験(クラスはもとより学外の検定試験)も多く、何だかかわいそうな感じも受けます。先週末には、体育トレーニングと証して、全員が運動場のトラック2周800メートル走をさせられたようです。なんだか気の毒ですね。でも、共同生活で得られる経験も悪いとは一概にいえません。他の人と生活することによって、勉強でも、教師や親からも学ぶ事のできないものを得て、だんだんしっかりしてきます。

通常の3年生の会話クラスの授業では、暗中模索が続いています。学生たちは、教科書はつまらない、といって退屈そう。でも、教科書から離れた授業をやろうとすると、色々と準備が大変。先学期は、半ば「無我夢中」でやっていたので、余り悩みませんでしたが、少しは学生から「面白い!」と言われる授業がしたいという欲もでてきたので、今学期は授業準備にかなり時間をとられるようになりました。

そして昨日は、学校のお偉いさんから電話がかかってきて、いきなり「来学期の更新どうしますか?」と訊かれました。続行します、と返事をし、これで、また半年間の雇用継続が決定しました。来夏までは、まだ頑張らないと。

来週後半2日は「運動会」のため授業はお休み。少しは一息がつけるかな、と思っています。大分、気温が下がってきました。もうすっかり秋も深まり、衣替えもしなくてはなりません。風邪に気をつけないと・・・。

寒くなってきたので人気の唐揚げ屋

無料資料請求  個別カウンセリング