中国でのお花見&学生と遊園地へ

当地では最高気温が27度に達する日もあり、すっかり夏の装い。上着を脱いで授業しています。寒がりの私としたら喜ばしい季節です。藤棚の藤の花も満開を迎え、キャンパス内はいろいろな花が咲き乱れています。ようやく、今学期の半分近くが過ぎました。

IMG_3761

毎日毎日、立ちっぱなしで授業をしていて疲労もたまっていたので、学校のそばのマッサージ屋へ行ってきました。腰と肩がすごく凝っていて、揉んでもらって極楽極楽。45分で70元。安くはありませんが、久しぶりにリラックスできました。そして毎日、学校の向いにあるコーヒーショップに入り浸っています。無性にコーヒーが飲みたくなるとこの店。我々にとっては貴重なオアシスで、一杯10元もしますが、やはりリラックスできて気分は最高です。

日本語スピーチ・コンテスト開催の日が近づいてきて、何人かの学生から原稿の添削などを頼まれています。テーマは「世界の安全保障」。2年生及び3年生の教え子たちが出場を希望していて、目下の所、原稿審査の段階ですが、皆一生懸命に取り組んでいて、全力で応援したいところです。

3月28日には、仲の良い3年生の学生3人と、学校のそばの桜の名所に花見にでかけました。おにぎりとサンドイッチを作って出発。学校から20分くらいの公園には、桜の木がびっしり。満開を過ぎ、花びらが風にのって桜吹雪となり、何とも言えない風情がありました。お弁当を食べ、先日の誕生日に妻からプレゼントされた模型飛行機を飛ばしたり、盛んに写真を撮ったりしました。

DSCN0428

3月29日には、2年3組の学生たち(20人以上!)と一緒に寧波にある遊園地へ出かけました。先日から誘われていて、この年になって遊園地かあ、と尻込みしていたのですが、担任の若い中国人の先生も同行とわかり一安心。早朝にバスで出発し、終日、遊園地で遊びました。ワーワーキャーキャー、と叫んで駆け回る学生たちに混じってさまざまなアトラクションに挑戦。思ったより怖くなかったのですが、担任の先生は垂直に落下するアトラクションで恐怖のあまり泣き出して腰も抜けてしまい大変でした(笑)。

DSCN0445

そして迎えた4月上旬の「清明節」の連休。妻と二人でアモイへ旅行してきました。杭州から空の便で1時間余り。海峡をはさんで台湾と接する南国の観光都市で、以前から興味を持っていました。幸い親しくしている4年生の学生の郷里が近く、その学生に観光に同行してもらえました。

DSCN0465

まず、主に華僑の寄付で運営されているといアモイ大学へ。明るく開放的で美しいキャンパスにびっくり。大きな池には白鳥も泳ぎ、学内のカフェもモダンでとても良い雰囲気でした。次の日は華僑博物館やメインストリートへ。市内に20軒以上もあるという「スタバ」でお茶したり、本格的なインド料理に舌鼓を打ったりしました。そして最終日は大人気のコロンス島へ。凄い人出で、島に渡るまで1時間近くも行列に並んで乗船を待ちましたが、船に乗ったらたったの5分で到着。コロニアルな古い洋館が立ち並ぶ島内をゆっくり散策しました。

RIMG1203

何度もカフェに入って、珍しい海鮮料理を食べ、とても心地良いひと時を過ごしました。でも、なんと言っても一番嬉しかったことは、ホテルでゆったりバスタブに浸かれたこと。凡そ2か月ぶりのお風呂は本当に気持ちよかったです。

DSCN0482

好事魔多し。Wi-Fi環境が悪く、メールの送受信も困難な状況が続いています。とうとう、受信できても送信するのが困難になってしまいました。キャンパスを離れ、外のカフェから送信するしかありません。全く不便きわまりないのが現状です。

中だるみ(?)でモチベーションが上がらない3年生の会話の授業。そして、暗中模索が続く2年生の会話の授業。自分たちだけでなく、他の先生たちもご同様、ということで、隔週のミーティングのときに、授業でどのような工夫をしているか話し合うようになりました。学生の受けがよかったときの情報交換など、苦労をわかちあいつつ、みんなで頑張らないと!今後も、日本語スピーチ・コンテストの審査、日本への留学を希望する学生たちの審査、そして日本語合唱コンクールの審査などイレギュラーな仕事も目白押しで、当分、忙しい日々が続きそうです。

無料資料請求  個別カウンセリング