卒業生との写真撮影会。ガウン姿が素敵です!

5月9日には、6月に卒業を迎える4年生たちとの記念撮影会が開かれました。本当に久しぶりにあう学生たちと歓談して、全部で300人以上に及ぶ学生全員と一緒に撮影。特別の学士の服を身にまとった彼らと笑顔で写真に収まりました。もう就職先の会社で働き始めた学生が多く、立派(?)に成長した彼らの姿を見て感慨ひとしおでした。

DSCN0572 DSCN0587  DSCN0594
翌10日には、先日の日本語スピーチ・コンテストで2位入賞した3年生の学生に誘われて食事に。広東料理の店で久々に飲茶を堪能しました。美味しかったあ。肝心のお茶が無くてお湯でしたが、とても良い味でした。

DSCN0602

学生は1位に僅かに届かなかったことをとても残念がっていて、こちらも惜しい気持ちになりました。中国社会は普段の成績から順位が公表される超競争社会。順位にこだわり、大変だなあ、と実感しました。

妻は、4年生の卒業論文の審査にかり出されて、土日もずっと仕事漬けの日々です。一クラス30人以上の卒業論文を精読して、学生個々と面接をやり(質問など)指導を行うというもの。丸々二日かかって漸く終了。さすがにとても疲れたとこぼしていました。

キッチンに設置してある給湯器から、突然、お湯が漏れだすアクシデントも発生。いつも色々助けてもらっている学生を呼び出して対応に大わらわ。彼が機転を利かせてくれて、翌日には新しい機器が届いて事無きをえましたが危ない所でした。古いアパート故、本当に何が起こるかわかりませんね。

妻は、学校側からの要請で特別講義もしなくてはならず、その準備も大変そうです。90分間、テーマを決めて講義を行うもので、以前の仕事に関連した児童書の紹介をすることにしたようです。ヘルプを頼んでいる学生たちとの打ち合わせも頻繁に行い多忙な日々を送っています。

5月16日には、同じ大学のニューキャンパスの見物に出かけました。先日、こちらのオールドキャンパスに遊びに来た、この大学で中国語を学びに来ている唯一の日本人の女子留学生を訪ねました。親しい3年生の女子学生二人と計4人で出発。キャンパス間を結ぶシャトルバスで40分かけてようやく到着。噂には聞いていましたが、まだ建物などが建造中で埃が舞い、何か殺風景なところでした。キャンパスの周囲には食堂や商店なども何もなく、これは生活が大変だなあ、と実感。

DSCN0603

帰りは、ニューキャンパスからほど近い、柯橋という経済開発区にある街に遊びに行きました。ユニクロがあり、スターバックスも2軒もある賑やかなところで、お茶をして歓談し、以前よりチェックしていたインド料理店で久しぶりに本格的なインド料理に舌鼓をうちました。小洒落たカフェもありました。驚いたのは韓国系の商店などが目立ったこと。この大学には韓国人の留学生がたくさんいるようで、「嫌中」で日本人の居留が減少している昨今、韓国人の若者は依然として国外に積極的に出ていっている様子がわかりました。

妻もそうですが、私も多忙な日々を送っています。普段の授業準備に追われ、土日もほぼずっと家で仕事をしています。ネタが尽きて来て教案作りが大変。また、2年生の会話クラスでは、皆、本当に喋れない(喋らない?)ので授業の活性化を目指していますが苦労が絶えません。昨日は早朝から3コマ授業をこなし、その後、夕方から、1、2年生たちの日本語劇(コント)のコンテストの審査もやらされて、ほとほと疲れきりました。

運悪く、今学期末の期末試験の作成者にもまたまた任命されてしまいました。予想はしていましたがショック!これで3学期連続です。気が重いです。まあ仕方ないですね。あと1か月余りで今学期も終わり、夏休みです。あと一踏ん張り!頑張らないと!

無料資料請求  個別カウンセリング