学期終了…最後の授業は俳句!

4年生の卒業シーズン。

6月6日には講堂で卒業証書授与式が行われて、見物に行ってきました。皆、ガウンを着て帽子をかぶり、卒業証書をもらうだけ。

1時間くらいで終了し、何だか、あっけ無かったです。

RIMG1272

その夜は、妻が作文の授業を担当していた4年生の学生たちとのお別れパーティー。市内のレストランで夕食を共にしました。男子たちは、かなりの量のビールを飲んでもへっちゃら。

普段は余りアルコールを飲まないのに、さすがに飲むときは飲むんだなあ、と妙なところに感心しました。担任の中国人の女性の先生も途中から合流して学生たちも嬉しそうにしていました。

 

DSCN0645

6月7日は、作文と会話の授業を担当している2年生の学生たちと食事に出かけました。

「スタバ」でお茶してから、馴染みの魚料理のレストランへ。今秋から関西外国語大学へ留学する学生3人と岡山商科大学に短期留学する学生1人。

2年生と食事するのは初めてでしたが、楽しいひと時を過ごしました。

 

DSCN0650

6月9日は、朝一番から「日本の社会と文化」の期末試験を実施しました。妻が手伝ってくれて無事終了。

すぐ採点に入り、採点後に成績を入力して、その翌日には書類一式を整えて提出。何とか無事終了しました。

この期末試験作成者には3期連続で任命されています。かなり負担が大きいので、もう今後は勘弁してもらいたいものです。

 

授業最終週は、基本的に自習で授業らしい授業は行いませんでしたが、2年生の作文クラスでは、俳句作りに挑戦してみました。

夏の季語を幾つか紹介して、完成した学生数名に詠ませてみました。中にはなかなかの出来映えのものも。・・・なんやかんやで無事、今学期の授業も全て終了しました。

6月13日の夜には、外国人の先生たちが集まり、フェアウェル・パーティーを市内のレストランで行いました。いつも親切で本当に良くしてくれたカナダ人のカップルも今期限りで本国へ戻ってしまうとか。

10年以上、中国各地で英語を教えてきたベテラン教師たちで、いつも頼りにしていたので、とても寂しくなりますね。

DSCN0654

6月14日の夜には、やはり妻の学生で、もう会社員を始めている男子と夕食を共にしました。

中国の会社は休日週1日のみで、とても忙しくて大変そうでした。新婚旅行で日本へ来なさい、とはっぱをかけ、日本語の勉強を続けるようにエールを送りました。

中国に来て最初の学生は、思い出もひとしお。彼らから学ぶ事も多かったし、いろいろ親切にしてもらって、本当にありがとう!といいたいです。

 

DSCN0656

6月16日から期末試験が本格的に始まりました。試験監督や、口頭試験の審査などをこなしながら、個人成績の算出、入力などを行っています(妻は採点も)。

来週明けには全て終了する予定で、その後、すぐ帰国します。短いようで長かった今学期の4か月半。

かなり消耗したので、帰国したらのんびり骨休みしたいものです。

無料資料請求  個別カウンセリング