新学期スタート!新しい先生や学生との出会いも

2か月半に及ぶ長かった夏休みが終わって、9月10日に中国紹興の大学に戻りました。東京に比べて蒸し暑い日々が続いたり、一転、肌寒い雨の日が続いています 。夜は虫が鳴き、街角の果物屋では青いみかんが並び、季節は、もうすっかり秋。日本より1か月位、早く季節が進んでいる気がします。教員用アパートに着いて、まず驚いたのは、部屋中の物がカビだらけになっていたこと。布団、枕、室内につり下げておいたスーツがお釈迦になりました。湿気がものすごいですね。

11日には日本人教師が集まって、新学期のオリエンテーションが行われました。紹興の近隣の慈渓というところに旦那様と暮らしていて中国での日本語教師歴豊富な女性の先生が加わり、総勢8名。まだ帰任していない先生を除いて7名が出席しました。中国人の先生から新学期の授業の割り振り表をもらい、打ち合わせをしました。今学期から、作文の授業が無くなったこ と。「日本語コーナー」の学生の出席が自由参加になり、本当に日本人教師と交流したい学生だけが参加するようになったこと。1限目の授業のスタートが10分遅くなって8:00始まりになったこと。会話の授業で暗唱や会話練習をしなくても良いことになったこと(一部授業除く)など、全般に負担が軽減され喜ばしい限りです。

しかし、1年生の早朝自習(7:30スタート!)の指導を週1回課せられたり、エクストラで特別講義をしなくてはならないなど面倒な事もあります。何よりあきれたのは、一番気になる週のスケジュールが未完成だったこと。翌日もらえましたが、週6コマ(1コマ=90分授業)で3年生の会話クラスが5コマと2年生の会話クラスが1コマ。週4日勤務 となりました。妻も同じく6コマですが4年生と2年生担当、週3日勤務です。

アパートの掃除、整理などに加えて、着々と新学期の準備。これまで担当していなかったクラスが大半なので、1週目は自己紹介などをやれば良いかな、と教案を作ったりしました。学内の食堂などの店や、隣接する「ゴミ町」で閉店してしまった店などをチェックしたり、市内の大型スーパーで日用品や食料も買い込んだりしました。

13日の夜には、上述した新任の先生の歓迎会に参加しました。30代の若い男性の先生二人がよく喋って会を盛り上げてくれました。お酒に目の無いM先生はまたまた酔っぱらって意味不明な突っ込みを繰り返して、抱腹絶倒の宴となりました。8人いる日本人 教師。お互い助け合って連携してゆかないと。

DSCN0785

そして15日から新学期スタート!
教師も学生もこれが初対面で、何となく緊張しましたが、自己紹介で延々喋りたおして、学生に簡単なアンケートを書かせたり、しりとりをしたりして授業しています。また授業の合間には、親しくしている4年生の学生たちと連絡を取り合って、先学期撮った写真(プリントアウトしたもの)を渡して合ったりして、旧交を温めています。

DSCN0788 DSCN0792

一番仲良くしている4年生の男子学生で10月から静岡大学に留学が決定しているGくんとは一緒に夕食を囲み、8品くらいのおかずと大好きなごはんでお腹いっぱい。おごってもらってしまい恐縮至極。近々、寮の他の学生も誘って送別会をやろう と、持ちかけています。

DSCN0790

生憎と、久しぶりに風邪をひいてしまいました。気温が高くなったり低くなったり。大事にして早く治さないと。1週目が終わって、ほっと一息ついたところです。
来週から授業が本格的になるので、週末はまた教案作りに追われそう?!

無料資料請求  個別カウンセリング