国慶節は南京へ

卒業して日系企業に就職したRさんと久々に会いました。長かった髪を切ってバリバリと仕事をしている様子。総務セクションで日本語を使って日本人社員ともコミュニケーションをとっているとかで、表情も明るく頼もしく感じました。

DSCN0793

授業が本格的に始まりました。2年生の会話クラスでは、本当に学生のモチベーションが低くて大変です。思わず声を荒げてしまうことも。3年生の会話クラスでも、教科書ばかりでは面白くない、と学生から言われてしまいがっかり。ゲームを取り入れる必要も出てきて頭が痛いです。

以前から学校から要請されていた特別講義もしなくてはなりません。10月22日に開催することに決定。自分の専門性を生かして「日本の映画」をテーマに講演する予定ですが、準備に追われる日々となりそうです。お手伝いしてくれる学生の確保は一応しましたが。

9月26日の晩は、10月から国立静岡大学に短期留学するYくんの送別会を開きました。クラスメートであり寮のルームメートでもある気心知れた学生たちも招待して、市内のレストランで夕食を共にしました。ビールで乾杯。北京ダックなど肉料理がメインでしたが、皆で楽しく歓談しました。

DSCN0795

10月1日から7日まで国慶節の休みなので、その直前は、振替授業や連休明けの授業準備で忙しかったです。私はそうでもなかったのですが、妻はタイトなスケジュールで連日、早朝から授業をこなしていました。先学期まで担当していた3年生たちとも久々の再会を果たし、皆で撮った写真などを渡して話をしました。来年4月より東京の拓殖大学に留学する学生が二人いて、相談にも乗りました。そのほか、今回初めて浙江省の大学から30名参加できるという12月から北海道リゾートホテルでの短期実習の面接試験の相談などもありました。

9月29日は妻は午後の授業がなかったので、外国人の先生たちと6人でこの大学のスポンサーの会社主催のスポーツイベントの閉会式に1.5時間貸し切りバスに揺られて参加しました。もう一人の日本人の先生はギターがとても上手。その天才的なギター演奏に合わせ、皆でキャロル・キングを一曲歌ったら、客総立ちでアンコールとなってしまい、またまたメチャ振りのノリノリで汗びっしょりになりました。

RIMG1543

そして9月30日の午後から、南京に向って出発しました。妻が先学期まで担当していたクラスの3年生をガイドに、彼女の故郷のそばにある、中国4大古都のひとつである南京に旅行に行きました。紹興から高速鉄道に乗って約2時間で到着。古の都で中華民国時代の首都でもあった南京の街は大きくて活気があって驚きました。地下鉄も3路線ありホテルまでスムーズに移動できました。

着いた日の夜は、ホテルの近くのショッピング・モールへ。ユニクロ、無印、H&M、ZARA、GAP、マクドナルド、スターバックスなどが入っていて若い人たちがいっぱい。アメリカン・レストランに入って冷えたビールで乾杯。本格的なパスタ、ハンバーガーを頼み、紹興では味わえない<西洋料理>を楽しみました。

DSCN0822

翌日から観光。孫文を祀った記念堂や宋美齢記念館などを見た後、

DSCN0806 RIMG1545

かねてより興味のあった<日本軍による南京大虐殺記念館>を見学しました。広大な展示館の中には、当時の虐殺の様子を詳細に説明した写真やパネルが無数にあって、中国語と英語韓国語、それに日本語でキャプションが付けられており、思わず見入ってしまい丸々2時間かけて貴重な展示物を見て回りました。「前事不忘、後事之師」。歴史は鏡といいますが、写真集を買いこみました。

DSCN0811

南京名物の鴨肉料理も忘れられない味でした。南京料理は全体的に甘い味付けですが、もの凄い料理が出てくるので、昼食を食べるともうお腹いっぱいで、夕食は抜きという日が続きました。あとは、世界で7番目に高い高層ビルに登って72階から市街を眺めたり、夕方、市内を縦横に走る運河をライトアップされた屋形船でめぐるツアーなどに参加しました。

そして10月3日の夕刻に紹興に戻りました。国慶節休みはまだ続いていますが、特別講義や授業の準備などに追われる日常がまた始まります。頑張らなくては!

無料資料請求  個別カウンセリング