学生と授業の相談・・・コミュニケーションも大切です!

横浜市のグループホームに入居している認知症の母の具合が芳しくない、との連絡を受けました。もう4年半、施設で暮らしている母ですが症状が重く、他の身体機能は大丈夫らしいのですが、心配。施設サイドとはメールでしかやりとりが出来ないので、いまひとつ状態がわからず、もどかしい気分が続いております。

問題があると思われる2年生の会話の授業の件で、班長(クラス委員長)ともう一人の学生と、授業の進め方について相談しました。クラスの中には、高校時代からの日本語学習者も数名いるらしいのですが、大半の学生は普段の授業で、私の言っていること自体が聴き取れないらしく、もう少しゆっくりと丁寧に発話して、より分かりやすい指導を目指すことにしました。教室では、ぶすっとしている彼らも、外で会うとニコニコとしていて感じが良く素直な子どもたちです。

10月25日には、学校の外事処のアレンジで、外国人教師たち総勢30人くらいで一緒に、隣接する寧波市にあるIKEAへ出かけました。大型バスを借りて、朝9時過ぎに出発。ところが行けども行けども到着しない。 あろうことか、運転手がIKEAがどの街にあるか知らなかったとか!隣街の慈渓市まで行って、また戻り、さんざん迷った末、午後2時過ぎにようやく到着。何と5時間にも渡る迷走でぐったり。全く中国人たちの思考回路は理解不能です。広いショップをめぐって家具やインテリア、小物などをGETできて、妻は満足していましたが、一日がかりの買い物で疲れきりました。

翌日26日には、以前、授業を担当していたクラスの4年生たちと会食。急に呼び出されて行ってみると懐かしい顔ぶれが。市内の中華レストランで美味しい料理に舌鼓を打ちました。おごってくれて恐縮至極。和やかな食事会でした。

DSCN0860

静岡大学に短期留学しているGくんと連絡がとれました。富士山にも登っ たし、東京観光もしたと、とても元気そう。ホルモン焼きが何なのか知らずに注文して、油こくてまずくて大失敗したという笑い話も。青春真っ盛りで貴重な体験の数々を楽しんでいるようです。

受け持っている3年生のクラスでは、3人の女子が来春から、やはり静岡の大学に留学することが決定したとか。少し日本語が話せるようになると、気の利いた学生たちはすぐ留学してしまうようです。仲良くなった学生たちが次々と留学してゆくのは嬉しいような寂しいような少し複雑な心境です。

10月31日はハロウィーン。欧米人の教師たちの家族が多く住む我々のアパートでも、近隣のアメリカ人の家族が幼い子を連れて、我が家にやってきました。お揃いでバットマンの コスチュームを着て、とてもかわいらしい格好でした。

DSCN0863

同日夜は、別の3年生の女子たちから誘われて、市内で夕食を共にしました。軽食として焼きまんじゅうをほおばりながら向ったのは、雲南地方の名物である麺「米繊」を看板にしたチェーン店。激辛ながら味わい深いスープもなかなかの美味で満足しました。一人の学生は手芸が得意で、鞄や財布なども自分で作っているとかで、妻にかわいらしいキーホルダーをプレゼントしてくれました。

DSCN0864

上述した4年生の学生の誕生日にハンカチをプレゼントしました。なんと翌日からは、志望していた日系企業での実習が始まるので、もう学校を離れ故郷に戻って働くとのことです。授業にも出ずに(期末試験だけは受ける)、社 会へ巣立ってゆく彼女へのエールとして良い記念になったのでしょうか?彼女のように早くから就活をしている学生はまれで、大半の4年生は、まだしばらくはキャンパス・ライフを謳歌するそうですが・・・。

今夜、妻は外国人教師たち向けに日本料理教室を開きます。来週末は、やはり外国人教師たちと共に蘇州へ旅行に行く予定です。その他の週末も学生たちとの食事会の約束が目白押しで「遊び」のスケジュールはたてこんでいます。11月に入ってから急に、朝夕はめっきり冷え込むようになった昨今。体調に留意して日々、楽しく過ごしてゆきたいものです。

無料資料請求  個別カウンセリング