連夜の卒業記念クラス会で消耗?! 期末に向けて慌ただしい日々が続く・・・

問題児揃いで一番手を焼いていた高校2年2組の生徒たちが、実習のため6月1日から杭州へ行くことが、急遽決定しました。
実習自体は以前から予定されていましたが、そこは中国のこと。
延期が繰り返されて中止も検討されていたらしく、余り期待(?!)も寄せていませんでした。

しかし決定は決定。
先日、中間テストを実施したばかりなのに、彼らだけのために期末試験も作成・実施するよう要請されて、慌てて準備にとりかかりました。
彼らは向こう3か月間、医療・薬品メーカーで働くのだそうで、夏休みも無いらしく可哀想に思えました。
授業の度に頭を痛めていたクラスで、担当する週12コマのうち5コマも減り、精神的にも肉体的にもかなり負担が軽減されラッキーですが、憎たらしく感じていた彼らがいなくなると思うと一抹の寂しさも感じられ心中複雑な気分に包まれました。

5月22日の夕食は、一番気の置けない大学4年2組の男子たちとともに、市内のランドマークであるショッピング・モール内の新彊料理のレストランで羊肉の料理などをほおばり大満足。
その後はやはりモール内の韓国系のコーヒー・ショップでお茶をしました。
我々が日本語教師生活をスタートさせて最初に受け持ったクラスの気の良い連中で付き合いも深く長いですが、もうすぐ彼らともお別れ。
どことなく物悲しい思いも去来しました。
DSCN1274

DSCN1272

翌23日には4年6組の卒業記念クラス会に招待されました。
市内でも有数の高級ホテルの大宴会場を借り切っての豪勢な会で、学生は32人全員出席。
ほかに中国人の教師たちも混じっての楽しい宴となりました。
比較的大人しい子が多いクラスというイメージがありましたが、少し酒が入っただけで、ものすごい豹変ぶり。
特に女子たちは「酒!酒!」とビールを持って来させて浴びる様に飲み、中にはビール瓶のラッパ飲み対決に興じる女子も!
クラス内外で公認のカップルは何かの罰ゲームで、お姫様だっこ+10秒間キスまでやらされていました。
お開きの後も二次会のカラオケに誘われましたが、そこそこ酔って疲れていたので先に失礼して帰りました。
彼らの若さとパワーに圧倒された一夜でした。
DSCN1275

DSCN1281DSCN1285

翌24日の夜は、今度は妻が担当した4年8組と9組の合同のクラス会に妻だけ出席。こちらも大盛況の様子だったらしいです。

2DSCN1329 (1)

25日の日中には、卒業する4年生たちの卒業写真の撮影会がありました。揃いのガウンと学生帽をかぶって晴れやかな表情を見せる学生たちと記念撮影。

「卒業、おめでとう!」と声をかけ、次々と写真を撮り交しました。
全部で10クラス以上総勢300人余との合同撮影もあり、暑い日だったので汗だくになりましたが、記念となる瞬間の場に立ち会えて感無量でした。
とても疲れましたが・・・。

DSCN1319 DSCN1315

DSCN1297 DSCN1292

 

同日夕方には、日本から持参してきた文庫本(主に小説)を集めて古本市も開きました。私は疲労がたたりパス。妻と親しい学生たちが主体となって、学食前でセールを行ったところ、20分足らずで50冊以上完売したとか。もう読まない本ばかりなので大助かり。集まったお金は、帰国時の日本へ送る衣服などの船便代にする予定です。

RIMG1834

そしてその夜には、4年1組のクラス会にも招待されました。会場は上述のホテルと同じで、やはり豪勢なパーティー。
日本の拓殖大学に留学中の女子ともスマホのスカイプで交信。元気そうな様子で安心し、夏休みに東京で会おうと約束しました。
そのクラス計30数名のうち日本語を使う仕事に就いているのはほんの3、4名だけでしたが、日本に来たときは是非遊びに来なさい、と連絡先の交換もしました。

妻は、同時に同じホテル内の別の宴会場で行われた4年7組、さらに10組のクラス会にもはしご。
親しい中国人の教師たちとも挨拶を交せて良かった、と喜んでいましたが、連夜のクラス会続きでぐったり。
楽しくも嵐のような宴会ラッシュに胃腸も悲鳴をあげました(笑)。

DSCN1329

RIMG1839

RIMG1823

インターネットの不具合からなかなかゲットできなかった帰国便のフライトがようやくブックでき、6月29日の帰国が確定しました。
種々の事情から今学期限りでこの学校を辞めて、中国そして紹興を後にします。安堵感と若干の喪失感がないまぜになったような気分。
残り1か月をきって、焦りや不安も少し感じています。

そして高校2年2組の最後の授業。
おしまいに「若いうちの苦労は買ってでもしろ」という格言を紹介して、皆にエールを送りました。
授業中の私語や居眠りも最後まで続いた「とほほ」なクラスでしたが、こうしてみると何だかちょっぴり寂しい気分です。

29日に、その2組の期末試験を行いました。
試験前に何と皆からのプレゼントといって、かわいらしい猫の形をした風鈴と皆からのメッセージ・カードをもらって大喜び!
しかし案の定、試験の結果は惨憺たるもので、後日、集計した総合成績でも赤点が多く、がっかり(苦笑)。

同日夜には、高校2年1組の生徒たちとの食事会に出かけました。問題の2組と違って、こちらは所謂「留学組」。
日頃から授業にも熱心に取り組み、真面目で良い子ちゃんたちですが、どことなく子どもっぽい子が多く、純粋過ぎて少しひ弱な印象も受けました。
贔屓の魚料理のレストランで夕食をとった後は『スタバ』でお茶をし、遅くまで楽しく歓談しました。

その2年1組の生徒からもプレゼントをよくもらいます。高級中国茶の詰め合わせや犬のぬいぐるみなど。出来る子も出来ない子も等しく、親しく接してくれて感激です。
その他、親しくしている大学2年生の男子からは、自作の素晴らしい切り絵細工まで頂戴してしまいました。
この学校の子どもたちからは本当によく贈り物をもらいます。
ありがたいことです。
DSCN1341

そろそろ帰国後の日程を組んでいかなければならなくなり、中国ならではのメールの送受信の困難さにもめげず、日本の知人友人たちとのアポ取りを始めました。
中国滞在も残す所あと4週間足らず。他の科目の期末試験の作成など期末に向けての仕事も忙しいですが、「有終の美」を飾れるよう、頑張ってゆきたいものです

無料資料請求  個別カウンセリング