学期の半分が終了。学生と山登りに出かけました。

ようやく、今学期の半分の日程が終わり、後半に突入しました。4月29日(月)から労働節の3連休。日本のようなゴールデン・ウィークに比べて休みは短く、また連休前に振替授業を行わなくてはならず、それ以外にもいろいろ突然お願いされる中間試験監督やスピーチコンテスト予選審査などもあったりで、先週は7日間連続出勤で少々くたびれました。

4月17日(水)、東京中央日本語学院の三輪学院長と学生部の西村さん、それに徐さんの3人が来校しました。我々の勤める越秀外国語学院の国際教育記念日兼オープン・キャンパス記念に合わせたイベントが組まれ、久しぶりにお三方との対面を果たしました。

随行したのは、章也の受け持っているクラスの学生で、今秋から関西外国語大学への留学が決定した范君。日本語を習い始めてまだ1年半なのに、よどみなく話せる優秀な学生です。三輪学院長らとウェルカム・ランチの席を囲み近況報告をしました。

多忙な学院長は、すぐ上海へ移動されたため殆ど話せませんでしたが、翌日、西村さんと徐さんと共に、我々が毎日通っている学内のカフェ「麦珈琲」でお茶をして色々お話する機会を得ました。お二人には、日々の生活や授業のこと、学生の話などを報告。やる気のない学生の話などして、日頃の鬱憤(?)を晴らしました。

RIMG0415

今学期も後半に入ろうかとする時期となりましたが、学生たちの中には授業をサボりがちで、意欲が低下している者と、前述したような日本への留学も決まり意気揚々としている者と、段々分かれてきたようです。

これまでもお伝えしてきた通り、問題の作文クラスの3年生は大半は真面目ですが、中には毎回課している作文も提出せず、授業態度も悪い学生がいます。一生懸命書いたであろう作文の添削をしていても、何を書いているのかさっぱりわからないものや、全く初歩的なミスも多くて、ゲンナリ。作文の授業なのに、もっと先生の話を聞かせてほしいというクレーム(?)まで飛び出し、やれやれという一幕も。それでも3年生の会話を受け持っている先生によると、まだ作文は書くだけいい方で、授業が盛り上がらず本当に困っていると、こぼしておられました。顔つきや服装はだいぶ大人びてきていて、彼らの中には、早々と日本へ留学してしまったクラスメートもいたり、彼らなりに、将来に対する漠然とした不安や戸惑い、焦りを感じていることもあるようです・・・。

2年生たちは忙しい日々を過ごしています。中間試験に加え、合唱コンクールに参加するクラスはその練習もあるし、日本語スピーチ・コンテストに参加する者もいて、彼らの個人指導にもつきあったりしています。連休明けは日本語劇の発表もあり、活気に溢れています。まだ、おぼつかない日本語ですが、懸命に前向きに頑張っている学生たちには、こちらも明るい笑顔に支えられながら、大いにエールをおくっています。

授業時間外にも、学生たちと出かける機会が、増えてきました。先日は、同僚の日本人教師と、その教え子の3年生の女子学生とともに、市内の運河沿いにあるオススメカフェにでかけてお茶をしました。その学生は学内のスピーチ・コンテストで昨年2位に入賞しただけあって、かなり日本語ができて日本語での会話が充分に愉しめました。(カフェ内には、章也が昔手がけた香港映画「花様年華」やイタリア映画「ライフ・イズ・ビューティフル」のポスターも貼ってあってビックリ!)

先週末には、章也の2年生の会話クラスの男子学生4人と山登りに出かけました。大学のすぐ裏手にある、決して高くはない山ですが、途中はすべて階段。日頃の運動不足がたたり青息吐息。学生たちからあまりにしょっちゅう休むので笑われてしまいました。皆、日本語はおぼつきませんが、若者らしく元気で陽気、楽しいひと時を過ごせました。一番盛り上がったのは、やはり、恋愛や彼女の話でした。

RIMG0421

学生たちは全員、寮で暮らしていますが、服装・髪型はそれぞれです。以前暮らしていた昆明ではまずお目にかからなかった若い女の子のショートヘアをみてると、ここは都会的だなと感じます。男女とも痩せてスマートな人が数では圧倒的に多く、今は黒縁メガネが流行っています。チュチュをスパッツの上に重ねて、キュートな装いを楽しむ学生も多いです。

村上春樹の新作を淘宝(タオバオ)というこちらのネットショッピングで検索したら、8888元と出ていて、さすがにこれには笑いました。ちなみにこの淘宝、手に入らないものはないと言われるくらい、何でも売っています。「彼氏」すら買える(?)そうで、これは女性が両親に彼を紹介しろとせっつかれるときに女性があわてて購入するそうです。彼氏のレンタル代は、1時間100元から1000元以上まで。女性のレンタルは、風紀防犯上やってないそうです。

前回の3連休で、中国の祝日は遠出をしない方がいいことを学んだので、今回はゆっくり家の掃除をしたり映画をみたり、同じアパートの住人たちとお喋りしたりしながら過ごす予定です。添削や授業準備をしているとあっという間に時間が経ってしまいますが、休みはありがたいですね。店頭には何種類かの葡萄やベリーも並び、パイナップルやアイスをかじる学生たちに混じって、夕暮れの夕陽のきれいな風の爽やかな季節を思う存分満喫します。

無料資料請求  個別カウンセリング