日本語教師養成講座 修了生 新任講師スペシャル対談【第1回】

全3回に分けてお送りするスペシャル対談企画の第1回目です。

今回、以下の3名の講師に対談いただきました。

川村さん(写真左) 鈴木さん(写真中央) 櫻井さん(写真右)

2017年  4月 TCJ日本語教師養成講座(420時間コース)に入学。
2017年10月 同コース修了。直後よりTCJ日本語クラスで日本語教師として働き始める。

養成講座受講生時代より努力を惜しまず非凡なセンスを見せていた(本当に!)優秀な3名の教師。
デビューして半年、現在2期目の授業を受け持っています。

どのような想いで教壇に立っているのか、TCJ講師としてそこまで言ってしまう!?といった辛辣でリアルな内容を包み隠さず打ち明けていただきました。

日本語教師を目指している方にとっても、既に日本語教師として活躍されている方にとっても、非常に為になる対談内容です。

セクション1:日本語教師の理想と現実

司会:それでは、スペシャル対談を始めたいと思います。まずは日本語教師の理想と現実、イメージしたものと実際の現場で味わってきたものとで違いがあるかと思うので、その辺について教えてください。

櫻井:そんなに強い理想がなかったので・・・

川村:理想はなかったけど、元々・・・

鈴木:あったよ。あったことにしておこう(笑)

一同:(笑)

日本語学校で教師をするということ

川村:日本語教師になりたいと思ってたのが、友人に教えて面白いなって思ったところがスタートだったので。最初のイメージがそこなんですよ。だから、それとのギャップって考えると、日本語学校だと、どうしても最終目標として受験や就職があるから、時間のスケジュール管理とかがすごいきっちりしているなって。そこがイメージと少し違ったっていう部分ではあります。

鈴木:いい意味?

川村:いい意味ですね。ふわふわしていたものが、こういう風にしたらいいんだ、と具体的に固まったということはありました。

鈴木:櫻井さんは?

櫻井:川村さんと近いのかなぁ。昔教師になりたかったっていう夢があったからだと思うんですけど、日本語を教えるんじゃなくて、何かを教えるイメージはあったんです。でも日本語を教えるってなったら、すごく大変で、複雑で、面白くて、そこが想像と違った。こんなに大変なんだなっていうのと、日本語ってこんなに面白くて、こんなにめんどくさい言語だったんだっていう。

川村:わかります。

櫻井:気付きがすごいいっぱいあって。前は気にも留めなかった「わたしが」「わたしは」じゃないけど、些細な助詞1つでこんなに意味が変わるんだっていう。川村さんと同じで、友達に教えたりしているときは、例えば「ぷらぷら」と「ぶらぶら」の差は何?みたいな、そういうのを教えてきてたんで。それってイメージで話せるじゃないですか?でも教師になるとそれじゃダメで、もし「も」が入ったら、どんな意味になるのか、とか。

鈴木:理屈だよね。理屈で教えるのが大変ですよね。

櫻井:そうなんです。しかもその理屈自体は学生に教えないで、私達の頭に置いて、それを例文とかに置き換えて教えないといけないじゃないですか。それがこんなに大変なんだと思うのと同時に、だんだん楽しくなってきて。こんなに楽しめるんだっていう部分が差かな。それが多分、一番違ったところかもしれない。

クラスをまとめていくための術

鈴木:僕の理想と現実でいうと、教える前にどうやってそのクラスをまとめていくか、授業を聞いてもらうような状況に持って行くかっていうのが、技術なのか力なのか、何のかって、まずそれが大事で。そこがわかってないとテクニックがあろうが、聞いてもらえないし。例えば養成講座で習った、導入して云々っていうのも、それを一生懸命準備していっても、現場ではそんなのわかっているという感じで終わっちゃって。さぁどうしよう?みたいなところから始まるっていう。そういう面で、理想というか、習ってきたことと現実の違いはありますね。

櫻井:クラス作りとかに関しては習ってないですもんね。

鈴木:習ってないですね。どうやって彼らの注意を引いて、居眠りさせないようにして、4時間やる気にさせるのか、なんて部分は勉強してきてない。

川村:ほとんど知識面しか入ってないですもんね。

鈴木:それがまず初めに現実として目の前にボーンときましたね。

櫻井:あと、TCJくらい大きな学校でもクラス内でレベルの差はありますよね。わかってない学生をケアしたい自分と、できる学生に教えてあげたい自分を封印して、真ん中に行く必要がある。

鈴木:真ん中にいながら、上と下にも手を伸ばすみたいなね。

櫻井:できない学生には特別にちょっとやってあげたいなと思うのもあるけど、そこまで手を回せない自分の実力だったり、そこまでやっていいのかなって思う自分がいて。できる学生は、例えばテストをやった場合、「正答じゃない回答のことも考えてみて」って言えばどんどん勉強してくれる。

鈴木:でも、できる学生をそういう形でほっておいちゃうと彼ら飽きちゃいません?結構ズルズルダラダラになっちゃう。だから、どこかできちんと刺激を与えておかないといけない。でもそれが難しい。さっき言ったように真ん中に中心はあるけど、上と下にも触手を降ろさなきゃいけない。

漢字を取り扱うことの難しさ

川村:難しいですよね。私のクラスには非漢字圏の学生が6人いて、1人はけっこうできるんですけど、その学生以外はやっぱり漢字が苦手なんですね。読解の授業でプリントを配ると読む気をなくしちゃう。

櫻井:そうなるよね。

川村:「漢字がわかりません」て言って机に伏せちゃう学生もいるんですね。頑張ろ!って言うんですが・・・やっぱり難し過ぎると読む気が失せちゃうんだなって。でも逆に易しい読解のプリントだと漢字に強い中国の学生が「これは簡単過ぎます」って言ってきて。おっとって。

櫻井:難しいねー。

鈴木:川村さんのクラスの学生は1年目?

川村:1年目です。でもその学生は上のクラスに行きたいと。「漢字が簡単だから」って。文法、読解、リスニングは大丈夫みたいで、漢字と読解の語彙レベルが易しいみたいなんです。かといって、同じ中国でも勉強しない学生はやっぱりできないんですよ。

鈴木:できないんですよね。漢字読めないんです。

櫻井:漢字圏の学生の方が必ずしも漢字ができるとは限らない。

川村:ですね。そのバランスが今のクラスは極端になっているみたいで。どうすればいいのかなーと思って。で、今日やってみたのは短い読解です。3分、5分という形で、時間の区切りでメリハリをつけてみる。でもレベルに対する苦情だとしたら、そこを難しくしちゃうと今度は下のレベルの学生がついて来れなくなっちゃう

鈴木:たまたま僕がアクシデント的に代講で入ったクラスが、1年目のクラスなんだけど、かなりの多国籍クラスで。1回限りということもあって、色々トライしたんですよ。漢字のテストを3種類用意して、1枚ずつ配って、出来た人から丸付けしていって、出来たら2枚目を渡す。

櫻井:公文ぽい。

鈴木:みんなそれなりに頑張ってくれる。出来る学生は3枚目やるぞって頑張るし、出来ない学生は何とか1枚だけやる。ある意味、それぞれが自分に見合った努力をしたのかなってただ、けっこう大変でしたけどね(笑)。

櫻井:3種類だもんね。

鈴木:ちょっと競争というか、出来る学生は3枚やる、出来ない学生は1枚だけでもいい、みたいな感じで。さっきも言ったように、上にも下にも触手を伸ばすような。大変だけど、こういう手も時々はいいのかなと。

櫻井:以前のクラスでは、漢字圏と非漢字圏がきっかり半分で同じ人数だったから、ペアにして、「わかんないときは教えてあげてね」ってやってみたんです。当然同時にスタートすると漢字圏が先に終わるじゃないですか。「漢字得意だね。隣の学生に教えてあげて」って言って。

鈴木:僕は3校行ってますけど、3校とも学生のキャラが全然違う。それがすごく面白くて。多国籍クラスはTCJともう1校なんだけど、漢字圏、中国の学生の方が基本的には読めるし、書ける。でもベトナム人やミャンマー人辺りでも、頑張っている学生は相当高いレベルまで行ってますよ

櫻井:非漢字圏の学生は1回やると忘れないことが多いですよね。

鈴木:そういう学生は上手に喋れるし、発音が良かったりする。やっぱり出来る学生はそういう風に頑張っていけるなという感じ。

学生の生活環境

櫻井:理想と現実に戻りますが、学生って皆環境が違うじゃないですか。必死にバイトしてお金を稼いでいる学生もいれば、両親が全部出してくれて勉強だけに集中できる学生もそこをケアする必要はないかもしれないですけど。

鈴木:それで初めから、もう教室に入る時点から相当の差が出ますよね。

櫻井:あんまり宿題を出したら可哀想だなって思うけど、出さないと上達しないから、ある程度は出さなきゃいけない。教師はそこまで考えないといけないって、養成時代には思いもしませんでした。みんな同じように楽しく日本語を勉強してくれるものだと思っていたから

川村:わかります。

鈴木:今日ここに来る前に、授業が終わった学生と話したんですけど「今日はもう授業は終わり?」「帰ります」って言うから「これからバイト?」って聞いたら「はい」って。「何時から?」「6時からです」「何時まで?」「午前4時までです」って。

櫻井:それでも週2とかだったら時間内だから、駄目とは言えないですね。金曜日だからちょっと宿題多めに出そうかなって思ったら、金曜の夜から連日8時間働いている学生がいて。同じように見れないけど、同じようにしなきゃいけないそんな風にバイトを頑張ってる学生に意外と非漢字圏が多い。苦労しても時間が足りない。でも反面、バイトをするから喋るのが上手くなるんですよね。

鈴木:やっぱり非漢字圏の学生は喋るのが上手いですよね。

櫻井:私のクラスのベトナム人とスリランカ人がすごく出来るんですよ。

鈴木:素晴らしいですね。優秀ですね。


第2回へ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

他にも多くの修了生がいらっしゃいます

無料資料請求  個別カウンセリング