日本語教師養成講座 修了生 新任講師スペシャル対談【第2回】

全3回に分けてお送りしているスペシャル対談企画の第2回目です。

第1回はこちら。

以下の3名の講師に対談いただきました。

川村さん(写真左) 鈴木さん(写真中央) 櫻井さん(写真右)

2017年  4月 TCJ日本語教師養成講座(420時間コース)に入学。
2017年10月 同コース修了。直後よりTCJ日本語クラスで日本語教師として働き始める。

養成講座受講生時代より努力を惜しまず非凡なセンスを見せていた(本当に!)優秀な3名の教師。
デビューして半年、現在2期目の授業を受け持っています。

どのような想いで教壇に立っているのか、TCJ講師としてそこまで言ってしまう!?といった辛辣でリアルな内容を包み隠さず打ち明けていただきました。

日本語教師を目指している方にとっても、既に日本語教師として活躍されている方にとっても、非常に為になる対談内容です。

セクション2:養成講座で学んだ中で特に役立っていること【理論編】

司会:養成講座で色々なことを学ばれたと思いますが、その中でも特に役立っていることを教えてください。また合わせて、もっとやっておくべきだったことについても教えてください。

川村:今は初中級クラスなんですけど、初級の時は、先生方に習った文法事項をまとめたノートをひっぱり出してきて、全部授業づくりの参考にしましたね文法知識とか、どういう例文が効果的かとか、どういうシチュエーションを用意するかとか、本当に役立ちましたね。未だにひっぱり出して来てます。

櫻井:一緒一緒。

川村:私達は(養成講座で)半年コースだったので、中級の授業って前半の3ヶ月で終わったじゃないですか。いざ、初中級クラス担当になったら、読解はどういう手順でやればいいんだっけ、聴解ってどうすればいいんだっけっていうのが多くて。先生の話をメモしたノートや教科書を色々持って来て、あーなるほどなるほどって。未だにやります。

鈴木:我々は中級を初めの学期に学んでますもんね。

川村:養成講座の時って実際の授業をほとんど見ないじゃないですか。だから、こんな感じかなっていうフワッとしたものを表に出す作業しかできなくて、いざ本番になるとやっぱり練習とは違う自分がイメージしていたものと実際の生徒のレベルが違うと、じゃあ具体的にどこが違うんだろうっていうことを考えたり。

「文法」と「音声」の重要性

鈴木:養成講座で勉強したことは、実技はもちろんなんだけど、理論がベースになっているところがあるんですよね。特に文法と音声

櫻井、川村:文法と音声ですね。

鈴木:社会・心理と言語・教育はまた少し別。

櫻井:知識としては大事ですけどね。

川村:教壇で使うってなったら、やっぱり文法と音声なんですよね。

鈴木:社会・心理と言語・教育はもちろん大事だけれども、これは教壇とは別だよね。授業で使うのは文法と音声。文法をもっともっとやっておけばよかったなとは思いますね。

櫻井:めっちゃ思います。

川村:今は特に助詞ですね。「へ」や「に」はまだ良いとして、「は」と「が」の違いだと、すぐ出てこなくて説明できなくなる。これ間違ってるよ、と指摘はできるけど、上手く説明できない。「なんで」が出てこない苦しさ。

櫻井:確かに「なんで」が出ない。

鈴木:出ないですねー。まだ引き出しが閉まっちゃってるんですよ。

櫻井:少し調べると、「前にやったじゃん」って。頭のどっか片隅に入ってて、質問されて、考えてる内にヒュッて出てくることもある。

鈴木:正しく出てくれればいいんですけど、ちょっと間違って出て来ることもあったり。

川村:あります、あります。言った後に、あ、この引き出しじゃなかったってなって「ごめん、今のは間違い」って。

鈴木:授受表現とかね。「あげます」、「くれます」、「もらいます」。あそこら辺は毎日でも考えてないとその場でパッと出てこない感じになっちゃう。

日本人にとっても難しい授受表現や受け身

櫻井:日本人的にはこういった方が正しいけど、養成講座ではそういう習い方をしてないから、この説明は駄目だよなっていう内に、あれどうやって説明しようって。

鈴木:つい最近「下さいました」と「頂きました」を教えたんですけど、学生からどう使い分ければいいのかっていう話が出てきた。

川村:日本人でもハッキリとはやってないですよね。

鈴木:やってないですね。それに、文法で習った、主語が何かとか、どういう視点の会話かとかって、初級の生徒に言ってもなかなかわからないですね。

櫻井:だったらもう全部シチュエーションですよね、こういうケースはこうとか。

鈴木:先生に本当に感謝していますっていう気持ちの時は「下さいました」だけど、私が嬉しいっていう気持ちの時は「頂きました」にする。でも、これ日本人でも難しいですよね。

櫻井:ややこしいですね。授受って「みん日初級I」の最後の方でやるじゃないですか。だからその時に覚えた内容だけで挑もうとするけど、それじゃ駄目なの。「先生こうじゃないんですか?」「それも間違いじゃないけど、もう一歩進んでみようか」とかいいながら、1段ずつ段階を上げる必要がある。これって、授受に関してはたまたま養成の時にすごい勉強したので、頭の中に段階が入ってたんです。同じように受け身とかテ形もすべて段階があるじゃないですか。でも、それらの段階は全部飛んでる。例えば、ステップ3の受け身は教えられるけど、学生がステップ1を踏んで来てない場合にはスムーズに教えることできないっていう。

鈴木:致命的ですよね。

櫻井:これが一番きついですね。学生が今どこの段階にいるのか確かめながらやるしかなくて。1から教える分にはいいけど、中級からだといきなり2とか3だから。でもそれは経験するしかないんでしょうね。

知識をベースにアウトプットするということ

鈴木:確かに、養成講座の先生達の場合、全て頭の中に段階が入っている。前回これやっているから、今回はこれを使って導入してっていう風に組み立てられる。我々とはレベルが違いすぎるから、そこはとにかく修行していかないといけないですね。

櫻井:そう思います。

鈴木:本当はそこまで養成講座で修行できればいいですけど、それは絶対に無理ですよ。みん日50課分、どういうストラクチャーで、何でこうなのかああなのかって。そこまで教えてもらっていたらもうちょっと楽だったかもしれないけど、それは無茶ですね。

川村:時間的にも難しいですね。

櫻井:教えてもらっていたこともかなり多かった。授受も教えてもらってて。ノートを見れば色々書いてある。

櫻井、川村:でも頭に入ってない(笑)

川村:しかも、知識として頭に入っていても、それを自由にアウトプットするには、また違う技術が必要ですよね。

櫻井:教えてもらっていたのに、すごいもったいない。歯がゆい。

鈴木:もっと自主的にやっておかなきゃいけなかった。

櫻井:養成講座で、教材分析のレポートあったじゃないですか。

川村:ありました。

櫻井:忙しさにかまけて、申し訳ないけど、適当に例文を作ってたこともあって。なんでもっとちゃんとやっておかなかったんだろうって。

鈴木:あれって「前回この表現を使っているから、次はこういう表現の形になる」っていう、ちゃんとした理屈を学べる特訓でもあったんですよね。

櫻井:私、教師になった初学期は週1勤務だったので、そこを復習しようと思っていて。でも週3勤務になったら全然追いかけられなくなって。もっと手をかけて一つの授業を作るものだと思ってた。でもそんな甘い理想を言ってたら教師としてやっていけないっていうことを痛感してる。

鈴木:それは特に初級ですね。中級以上になってくると、ある意味では現場力でフォローできる部分もある。でも初級でそれはできないから、今仰ったように週3勤務だと、僕は絶対難しいと思う。ただ同時に、実力をつけるにはすごくいい訓練だと思いますね。

櫻井:養成の時って20分の教案作るのに、めっちゃ時間使いませんでした?

川村:使いました。私は1週間かけてました。

櫻井:でも今は1日で4時間分。何ていうか、あんな幸せな時間の使い方があったんだなって。ただ現実としては、時間と折り合いをつけながらやっていくことも必要なんだなと。

受け持つクラスレベルへの対応

鈴木:私は、初めは現場に慣れるために、中級以上のクラスで始めさせてもらいました。今は他校で初級をやっているけど週1回だけなんで、次はもう1回初級をやってみようかなって思ってるんですよ。

櫻井:初級の1課とか2課とか、ド初級の自信がまだないです。

川村:11月頃から初中級に入ったので、私も最近みん日に触れてないです。みん日も不安ですし、自分が受け持っているクラスのレベルが中心になってしまうので、違うレベルに対して全然教えられなくなりそうなのが不安です。

櫻井:先生にも得意不得意はあるよね。

川村:理想を言えば、全部幅広くカバーできるのが一番良いと思うんですけど、月曜に初級、水曜に中級、金曜に上級っていう風に、行ったり来たりするのも結構辛いじゃないですか。だから一段ずつステップアップしないといけないなって。

鈴木:そうですよね。だから僕は次期から初級を少しまとめてやりたいなと思うんですよね。中級には中級の問題っていうのもあるじゃないですか。TCJは教科書に沿って勉強させるけど、試験問題だけダーってやらせる学校もあるみたいなんですよ。読解やって、聴解やって、語彙やって云々、それを毎日毎日やる。ほとんど試験対策のような感じで。

櫻井:塾みたいな感じですね。

鈴木:正に。僕はちょっとうーんて思う。やっぱり教科書の文法的な意味や言い回しをちゃんと覚えていて欲しいなって思うから、中級でもそういった教え方をしたい。初級は初級でもちろん色々とやっていかないといけない。川村さんが仰ったように、幅広く。

川村:ですね。

鈴木:やっぱりある程度どのレベルもちゃんとできる、という風になりたい。


第3回へ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

他にも多くの修了生がいらっしゃいます

無料資料請求  個別カウンセリング