日本語教師養成講座 修了生 遠藤万里恵さん

学生の成長が嬉しい

日本語教師養成講座を受講したきっかけを教えてください。

学生の頃から「日本語教師」という仕事に少し興味がありました。その後海外で仕事をする機会があり、その中で日本語や日本の文化をもっと伝えていきたいという思いを持ったのがきっかけです。

TCJの日本語教師養成講座はどうでしたか?

TCJの養成コースを受講して良かったと思えるのは、やはり日本語を勉強している学生と接することのできる機会が多かったことです。 花見やBBQ等、学生と一緒に何かが出来る行事は楽しいだけではなく、講座で勉強したことを実践できるいい機会にもなったと思います。

現在のお仕事について教えてください。

現在マレーシアの首都・クアラルンプールにある語学学校に勤務しています。学生から会社員までさまざまな年齢層の学生が日本語を勉強しています。

学生は、「日本のドラマや漫画などで日本語に興味を持った」、「日本へ旅行に行きたいから」という「趣味」の範囲で勉強する人、実際に仕事で日本語が必要という会社員などさまざまです。 学校は担任制で、だいたい5クラスぐらいを担当します。

担当したクラスはレベルが上がっても自分がずっと担当していくので、長い学生だと1年以上も一緒に勉強しています。

また自分のクラス以外にも、長期休暇中の学生向けの短期コースや、現地の日系会社へのカンパニーレッスン等、色々なクラスを担当します。 日本で勉強する学生と違い、常にまわりに日本語がある、という環境ではありません。

なので学生のほとんどがゼロレベルからのスタートで、週1回か2回勉強するだけです。ですがその中でも一生懸命勉強して学生同士で習った日本語で話そうとしたり、日本語を楽しそうに勉強している学生の姿を見られると、自分も頑張ろう、という気持ちにもなるし、日本語教師としてやりがいも感じられます。 やはり学生の日本語が少しずつ上達していくのが見られるのは嬉しいです。

遠藤万里恵さん(2011年修了)   

これから養成講座を受講する方へメッセージをお願いします。

日本語教師の仕事は決して楽しいだけの仕事とは言えないかもしれません。ですが学生が日本語を勉強して、日本に興味を持ってくれたり、日本語の勉強が楽しいと言ってくれたり、やりがいを感じられる事がたくさんあります。 また自分自身も異文化に触れられたりできるのでいい刺激もたくさんもらえると思いますよ。ぜひ頑張ってください。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

他にも多くの修了生がいらっしゃいます

無料資料請求  個別カウンセリング