日本語教師養成講座 Sさん

Sさん(中国)

日本語教師養成講座を受講したきっかけを教えてください。

会社員でありながら「教師」という職業に漠然とした憧れがずっとありました。

でも何のバックグラウンドもないので、転職は難しいと考えていました。

インターネットで偶然「日本語教師」の仕事を知りました。自分の「憧れ」の気持ちが本物か確かめる思いで、会社員を続けながら日本語教師養成講座に通うことを決意しました。

都内5つの学校の説明会と体験授業に行きましたが、TCJに来た途端に、明るくてアットホームな雰囲気が自分に一番合っていると思いました。

Sさん(2011年修了)

TCJの日本語教師養成講座はどうでしたか?

通勤と通学の両立で大変な面もありましたが、TCJに通った時間はとにかく「充実」の一言です。生活全体にグっと張りが出た感じで、全く違った職業への転職を後押ししてくれました。TCJの先生方は、いつも学生と授業をして身近に接しているため、現場感に溢れています。

就職が決まった後も授業の準備で不安な時、授業のシミュレーションをしたり、展開を一緒になって一生懸命考えてくれました。自分のイメージしていた授業と実際の授業に、それほど大きなギャップを感じずにスタートできたのは、TCJでの現場感溢れる授業のおかげです。

現在のお仕事について教えてください。

職場は中国の大学です。日本語科2年生の会話と3年生の聴解、文学作品の授業を担当しています。会話の授業は、できるだけ日本人の”ありがちな日常会話”の多い教材を使い、聴解では日本のニュースやバラエティ番組を見たり、文学作品は夏目漱石の「こころ」や川端康成の「伊豆の踊子」などを扱っています。

又、自分がこれまで感銘を受けた言葉を授業で紹介したりしています。授業の準備やデキがストレートに学生の反応に表れますので、大変さとやりがいを感じています。 学生は分かり難ければ、素直に難しい顔をし、心に届けば自然と笑みがこぼれます。日本に興味を持ち、日本語を勉強してくれる学生を今後も大切にしていきたいと思います。

 これから養成講座を受講する方へメッセージをお願いします。

私は長年会社員でした。TCJでゼロから学んで日本語教師に転職しました。全く違った職業への転職は、周りから見れば、かなりの冒険だったと思います。 迷ったり悩んだ時もありました。でもこうして今、授業を通して”ありのままの自分”を受け止めてくれる学生たちに囲まれ、本当に挑戦して良かったと思います。 日本語教師という仕事に興味を持った気持ちを信じて、大切にしていただければと思います。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

他にも多くの修了生がいらっしゃいます

無料資料請求  個別カウンセリング