日本語教師養成講座 修了生 鈴木 靖浩さん

教壇デビューする日を思い描きながら養成講座を楽しんで!

日本語教師を目指したきっかけを教えてください。

人の為に何かをしたいと思い、地元のボランティアグループで2年前から日本語を教えていました。

地元の大学の留学生や日本人と結婚された方等、様々な背景の方と楽しく日本語の勉強をしてきましたが、ちゃんとした訓練や資格なしで初級の文法を教えることに(いくらボランティアとはいえ)怖さと申し訳なさを感じる様になりました。

ちゃんと教えるということを突き詰めていきたいと思い、日本語教師養成講座を受講しようと思いました。

学校・講座を選んだポイントは?

あまり前評判とかは調べなかったので、勉強する環境と学校の雰囲気を選択のポイントとしました。

TCJは教室も新しく綺麗で、勉強に集中できる環境が整っていると感じました。また、スタッフの方も感じが良くて安心できましたし、なんでも相談ができるオープンな雰囲気もとても魅力的でした。

TCJの日本語教師養成講座はどうでしたか?

素晴らしい講師の先生方の刺激的な授業が毎回毎回新鮮で、6ヶ月があっという間でした。

また、理論の中にも実際の授業で使えるアイデアや気をつけなくてはならないポイント等が言及され、全ての授業で日本語教師としての心構えも教えていただきました。

その他、留学生との会話を楽しむ会話サポーターや講師の先生方との懇談会の様なイベントを通して、経験や知識・見識を深めることもできました。

 

—養成講座修了後、TCJの日本語クラスで日本語教師として働かれている鈴木さんにお聞きします。

TCJの留学生はどんな学生ですか?

若く希望に満ちた学生が多く、楽しく授業をさせていただいています。皆、向学心が旺盛で解らないことはどんどん質問して来ます。

国籍も多様で留学生にとっても国際感覚を養う良い経験をしていると感じ、少し羨ましい気持ちもあります。将来日本で大学や専門学校に進学し知識・経験を積み、ゆくゆくは日本で就職したいという大きな目標に向かって頑張っている姿を見て、私も毎日刺激を受けながら学生と一緒に成長していきたいと思っています。

実際に現場に出て、養成講座で学んだことは生かされていますか?またそれはどんな部分でしょうか?

日本語をどう教えるかということはもちろんですが、養成講座では日本語教師としての心構えや学生に対する姿勢を学びました。

我々母語話者にとっては当たり前で何気なく使っていることでも、留学生にとっては外国語として一つ一つ覚えていかなくてはならない訳です。教科書やその文型をよく分析して、どんな時にどんな場面でどんな気持ちで使うのかをとことん突き詰めてわかりやすい言葉に置き換える。

そしてそれを理屈ではなく、納得しながら理解してもらうという一連の考え方は養成講座での学びのエッセンスです。毎回の授業の教案作りは、養成講座の教えを反芻しながら行なっています。

実際の留学生相手に日本語を教える上で、特に難しいことはどんなことでしょうか?

日本語は表現のバラエティが豊富な言語だと思います。

母語話者である我々が何気なく使う表現・言い回しが留学生にとっては難しく理解できないことがよくあります。どうしたら学生達の気持ちにすーっと入って「あっ、そうなんだ」と感じてもらえる様なアプローチができるのか、常に試行錯誤しています。

また、非漢字圏の学生には漢字に関して気をつけています。彼らにとって漢字は何千もある全く新しい文字で、一つの漢字に対して3つ以上の情報を一度に覚えなくてはならないものです。漢字をどうやって効果的に覚えてもらえるか、とても難しい問題と思い悩みながら教えています。

養成講座の受講生時代に、もっとやっておけばよかったと思ったことはありますか?

たくさんあるとは思いますが、実際養成講座を修了してもそこからがスタートです。日々やらなくてはいけないこと、勉強しなくてはならないことが増えてきます。

養成講座は基礎の基礎ですからしっかり勉強して、それをベースに現場に立ちながら日々研鑽していけばいいのでは、と、言い訳しながら養成講座の受講生時代の不勉強をごまかしています。

最後に、これから養成講座を受講する方へメッセージをお願いします。

養成講座はベテランの先生方が長年の経験の中で築き上げられた素晴らしいノウハウを惜しげも無く披露していただけます。それを掴むのは皆さんです。

また、クラスメートは貴重な同僚です。何でも相談でき、一緒に悩んでもくれます。キラキラした目を持った留学生の前で教壇デビューする日を思い描きながら養成講座を楽しんでください。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

他にも多くの修了生がいらっしゃいます

無料資料請求  個別カウンセリング