日本語教師養成講座 修了生 大塚友美さん

「まずは教師になってみること」これが一番大切だと思います。

日本語教師養成講座を受講したきっかけと、TCJを選んだ決め手になったことを教えてください。

高校生の時から、日本語教師に興味がありました。ですが、現実問題として教師になるのは難しいと感じ、大学では国際学部に所属しながらも、教師の資格は取りませんでした。

しかし、大学卒業後もずっと教師への夢は変わらず、2011年の震災をきっかけに、もう一度夢に向かうことにしました。

いくつかの日本語学校に見学に行き、学校を自分の目で見ただけでなく、通信講座も受講しました。

そんな中で、教壇で実践する機会も多く、在学している外国人学生との距離が近いということに魅力を感じ、TCJで学ぶことを決めました。

大塚 友美さん   

TCJの日本語教師養成講座はどうでしたか?

私は毎日少しずつ勉強したいと感じ、1年間の平日コースを選びました。

仕事後にTCJに行っていたので、正直疲れてきっている時もありました。しかし、TCJに着いた瞬間、先生方が明るく元気に迎えてくださり、いつも先生方にエネルギーを頂いたのを覚えています。 TCJは授業外でも外国人学生と触れ合う機会が多く、常に先生になった姿を思い浮かべて日々を送ることができました。

それは、教師を目指す者にとって、とても大切なことだと思います。 ただ単に机上の学びをする学校と違い、教壇に立つ練習が多いので日々成長する自分を自覚できたのも、良かったと思います。

授業の予習で自宅に帰ってから練習したり、仲間と授業前に予習したりして、忙しい時もありましたが、とても充実していました。

現在のお仕事について教えてください。

現在は中国広東省にある公立大学で教えています。

学生たちは主に中国籍の先生方に文法を教わり、日本人教師は会話と作文、日本経済等を教えます。教えている学生は1年~3年生で、時期によっては就職前の4年生も教えます。 私の大学では、教え方に決まりがありません。TCJで習った完全な直説法で教えても構わないですし、中国語を介した教え方でも構いません。

第一回目の授業の時に悩みましたが、中国籍の先生方が授業でも授業外でも中国語で話していることから、私も完全な直説法で教えるのは無理だと感じ、一部中国語を使って教えています。 TCJで学んだことをベースにしたうえで、教え方はオリジナルに変えています。TCJで学んだことが一番に生かされているところは、導入の際の”演技力”だと思います。

養成時代に苦戦した甲斐もあり、学生たちの前では堂々と演技して言葉や語彙の意味を教えています。 また、”学生たちととても近い関係”を大切にしているTCJの理念は、特に中国で教える際にとても大切だと実感し、実践しています。

これから養成講座を受講する方へメッセージをお願いします。

「まずは教師になってみること」これが一番大切だと思います。

私は日本語教師の情報を集めれば集めるほど、不安になり、何度も教師になることを諦めました。ですが、実際に教師になってみなければ、わからないこともたくさんあります。本当に海外で暮らすことができないか?もしくは、本当に教師をするほうがいいか?は、やってみてわかることだと思います。 悩んでいる皆さんに、まずは挑戦することをお勧めしたいです。

特にTCJの教育実習で、実習を終えて「楽しかった」と思えた方は、必ず先生になっても、同じように思うはずです。ぜひ、挑戦してみてください。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

他にも多くの修了生がいらっしゃいます

無料資料請求  個別カウンセリング