東京中央日本語学院(TCJ)について

東京中央日本語学院(TCJ)は1988年に設立され、35年以上の歴史と伝統を持つ総合日本語教育機関です。
1000名以上の留学生定員を持つ大手日本語学校であり、また在日外国人(在留資格「留学」以外)向けの日本語講座では国内最大級の受講生数を誇ります。
留学生だけではなく、国内在住のビジネスエグゼクティブや外交官などから選ばれており、世界80か国からの日本語学習者が在籍しています。

業界をリードする日本語教師養成講座として、現在は東京(JR信濃町駅前)と大阪(JR大阪駅前・梅田駅前)に校舎を構えています。
TCJは日本語講座では異文化適応力を高めるためのソーシャル授業、養成講座ではeラーニング420時間コース、ハイブリッド型授業といった、業界スタンダードとなるサービスの礎を築いて来ました。
日本語教師養成講座(育成)と日本語学校(実践)とが連携しているTCJでは、養成講座受講生は留学生や在日外国人受講生のクラスに参加し、一緒にディスカッションができるなど、受講中に貴重な現場経験を積むことができます。
また、日本語教育の現場で実証された実践法を日本語教師養成講座に取り入れることも積極的に行っており、常にアップデートを繰り返すことで、「学習者ニーズにあった日本語の教え方」を受講生に伝えています。

OUTLINE

学院長
中澤 匠
住所

東京校

〒160-0016
東京都新宿区信濃町34
トーシン信濃町駅前ビル4・5・6

大阪校

〒530-0017
大阪府大阪市北区角田町8-1
大阪梅田ツインタワーズ・ノース21F

お問い合わせ先
Fax
03-6869-4771

HISTORY

  • 1988
    東京都新宿区新大久保に東京中央日本語学院創立
  • 1989
    日本語教師養成講座開講
  • 1990
    米国ハワイ大学マノア校などの日本語教育機関と提携
  • 1993
    豪州グリフィス大学にて研修開始
  • 1998
    渋谷区千駄ヶ谷に校舎移転
  • 2011
    日本語学校震災復興ボランティアに参加
  • 2012
    新宿区西新宿に校舎移転
  • 2017
    信濃町に校舎移転
  • 2018
    日本語教師養成講座 eラーニング420時間コース開講
  • 2019
    日本語教師養成講座 大阪校舎開校
  • 2021
    日本語学校と日本語教師養成講座(東京校)を信濃町校舎に統合
    ISO29991認証取得

TCJのSDGsに対する取り組み

TCJは、2015年9月に国連で定められた持続可能な開発目標であるSDGsを支援しています。
環境・社会・経済(ESG)のサステナビリティにおける課題解決に貢献をしていきます。

養成講座の品質について

TCJの日本語教師養成講座は語学教育サービスの国際認証であるISO29991を取得しており、世界基準での品質が担保されています。
TCJの養成講座を担当する講師は、実践経験10年以上(理論科目は日本語教育領域における修士学以上)を条件として採用しており、多数の現場で日本語を教えてきた経験のあるプロフェッショナル講師です。
専任のプロフェッショナル講師が独自開発したオリジナルの理論テキストを使って授業を行っています。またTCJが開発したコンピテンシー(教師評価モデル)による教師スキルの品質維持・改善に取り組んでいます。
養成講座受講生に教師及び授業内容についてのアンケートを定期的に行っており、常に授業、また講座運営の品質の改善に努めています。

人気講師や日本語教育のエキスパートがお届けするTCJ限定のイベントです。日本語教師に興味がある方はどなたでもご参加いただけます。

授業見学&カウンセリングでTCJクオリティーをご体験ください。オンライン対応も可能です。

デジタルパンフレットを無料で閲覧いただけます。